「あー痩せたい」といってハンバーガーを食べる友人

僕は現在、地元である兵庫県で県立高校に通っています。この学校を選んだのは、単純に自宅から自転車で通える距離だったということもありますが、何よりも「公立」の割りには部活動のレベルが高かったからです。実際、志望校を決めようと中学の時に学校見学をした際も、部活の練習の激しさと真剣さに僕は圧倒されてしまいました。
そして現在、何とかこの学校に合格した僕は、中学の時に始めた「陸上部」を高校になっても続けているという訳です。

この周辺が地元だけあり、元々同じ中学校だった人たちも多くこの学校に来ており、僕個人としては非常に居心地のいい環境となっていますが、その比較的古くからの友人の中に一人、ちょっと困った奴がいるのです。

その友だちは基本的にはノンビリとした気の良い性格をしているのですが、「食べ物」が絡むと人が変わったようになってしまいます。一言でいうと、非常に「食い意地が張っている」というやつで、正直そのすさまじさは、周囲が引いてしまうほどです。
例えば、学校の帰りに「あー痩せたい」なんて言いながらファーストフードでハンバーガーセットを二人前食べるのも当たり前ですし、学食でも多い時には三人分の昼食をペロリと平らげてしまいます。

いくら僕たちは高校生で、新陳代謝が活発な時期だとは言え、正直あれだけ食べると太るのは当たり前です。その友人は、この半年で10キロ太ったと言っていますが、僕を含めて周辺にいる人間は「まぁ、あれだけ食えば痩せるはずがないよな」と思っているのです。