いじられキャラの私の悩み


いじられキャラの私の悩み

学生時代からよく「面白いね。」と言われることが多かった記憶があります。ただ、面白いと言われても、別に自分からおどけてみたり面白くしようだなんて思って行動をした事は一切ありませんので、何が面白いのか全く分かりませんでした。しかし、私の雰囲気自体が「いじられキャラ」らしく、何をやってみても友達からからかわれて、結果として面白い人になっているようなのです。社会人になった今でもその人間的傾向は変わらず、さすがに仕事中はいじられることはありませんが、休憩時間や飲み会の時などは常に同僚にいじられています。

そんないじられキャラの私には悩みがあります。それはなぜ自分がいじられてしまうのかが全く自覚できないということです。普通、人は何か面白いことをする時にはそれを自覚した上でやるものですよね。けれど、私の場合は他の人から見て面白い行動や仕草を、自分が意図することなく行っているようで、それがいじられる切っ掛けとなっているようなのです。同じいじられであっても、それが自覚できているのとできていないのでは天と地の差があります。

私としては、なぜ自分がいじられてしまうのかという原因を解明して、できるだけいじられないようになりたいです。いじられることで誰からも好かれることができますから人間関係が悪くなった記憶はありませんが、それでもいじられるというのは少なからず自分の中で精神的な負担になっており、ストレスを蓄積する原因となっているのも事実です。もし、このまま自分がいじられる原因が解明できなければ、一生こんなキャラのままで一生を終えるのだろうかと考えると、なおさらその悩みは深くなっていってしまいます。